スマートロックと呼ばれる電子錠が現代の主流と呼ばれる理由

南京錠三つ

鍵をなくしやすいのならスマートロックを検討しよう

南京錠とたくさんのカギ

最近、酔っ払って鍵をなくすという人が増えています。
また、酔っぱらっていなくとも、ついつい鍵をどこかに置き忘れてしまうことや、ポケットに入れていた鍵を落としてしまうということもあります。
お酒を多く飲む人や、飲まない人に関しても、多少はリスクがあるといえます。
では、こうした問題についてどのような解決策があるかというと、電子錠にしてしまうということが挙げられます。
電子錠というのは、なんだかホテルみたいで、落ち着かない、なんて思っている人もいるのかもしれませんが、最近、電子錠はどんどん一般住宅にも普及してきています。
電子錠にしてしまえば、物理的に鍵を持ち歩くことがありませんから、鍵をなくして泥棒に入られるかもしれないという心配から解放されます。
また、家を出る前に鍵をかけたかどうか心配になって、駅から引き返してきたという経験のある人もいることでしょう。しかし、電子錠にしておけば、そうした心配もなくなるので安心して生活を送ることができます。
電子錠について検討している人がいれば、一度専門業者に相談をしてみましょう。
家の形態や、ドアの種類によって、電子錠にするときの費用や時間も変わってきますから、相談してみるのがいいです。

スマートロックのうちなら恋人も呼びやすい

みなさんは電子錠というとどんな印象をお持ちでしょうか。またの呼び方をスマートロックとも呼びます。
年配の方だと、なんだか馴染みがないと思う人もいるかもしれませんが、最近の若い人の間では電子錠の家というのはもっぱら周知のことかと思います。
彼女がうちに来た時に、ジャラジャラとアニメのキーホルダーなどがついた鍵を出してきて開けるのはちょっと恥ずかしいかもしれません。
とはいえ、物理的な鍵はキーホルダーやキーケースがないとカバンの中で行方不明になってしまうので不便さがあるといえるでしょう。
電子錠にしてしまえば、そんな問題から解放されて、スマートロックの名の通り、スマートな開錠、施錠、スマートな生活が手に入ります。
出かける時に荷物が少なく、家に入る時にもスムーズだというのは、スマートでかっこいいです。
恋人へのアピールにも十分使えるアイテムだといえます。
電子錠にしてみたいけど、お金がかかるのが心配で踏み切れないという人は、ぜひ、一度専門業者に相談してみることをおすすめします。
専門業者に見積もりを出してもらい、セキュリティとコストパフォーマンスを最大に考えた電子錠を提示してもらうことができます。
安いだけが良い業者ではありませんから、親身になってくれる良い業者と出会いましょう。

スマートロックなら鍵の閉め忘れがない

従来の穴に差し込んで捻るタイプの鍵では、外出時にうっかり施錠し忘れるパターンがあります。空き巣の被害に遭った住宅の半分以上が鍵の閉め忘れですので、電子錠に切り替えて自宅をより堅実に守りましょう。電子錠は内部の電子機械によって正当な人物かどうかを認識しており、電子錠とも呼ばれています。鍵の専門業者に相談することで、その扉に最適な電子錠を設置できます。
便利な電子錠にはオートロック機能がついていますので、外出している間に悪意のある第三者に侵入されにくくなるのが特徴です。ホテルのオートロックと同じで、扉を閉めた時にシステムが自動的に鍵をかけます。朝のゴミ捨てや郵便物の回収でちょっと留守にするだけと鍵をかけずに出かけた数分間を狙われる事もあるため、電子錠にして付け込まれる隙をなくしておきましょう。
外に設置したテンキーに暗証番号を入力するタイプなら、鍵を持ってくるのを忘れたから入れないという事態がありません。一般的な電子錠は、登録済みのスマートフォンそのものが鍵になります。スマートフォンを持っていない方もいる家庭に考慮して、暗証番号などの他の方法でも開錠できる電子錠が登場していますので選択肢も豊富にあります。


完全手ぶら解錠!スマートロックと呼ばれる電子錠を【RemoteLOCK】で実現しませんか?

TOP